実際にバトロボーグ20を購入した口コミ&レビューはこちら!

-  |  次の5件 »

021-なぜバトルボーグではなくバトロボーグなのか

普通に考えるのなら「バトルボーグ」だと思います。

私も初めはバトルボーグだと思っていました。
自分がバトロボーグを手にするまでは「バトルボーグ」って呼んでいました。

実際にググってみても「バトルボーグ」で多数ヒットします。

メーカーのタカラトミーさんは、なぜバトルボーグにしなかったのだろうか?


少し疑問に思ったので調べてみました。
あくまで私(管理人)の勝手な見解なので、聞き流す程度に留めておいてくださいね。
異論反論も気持ちだけにとどめておいてください。



では本題に入ります。


『勝手な検証その1』


実は【バトルボーグ】という呼称は既に存在しているんです。

商品ではなく、アニメ「カブトボーグ」の中でのバトルのことを「バトルボーグ」と呼んでいます。
しかもカブトボーグは、タカラトミーさんから発売されているおもちゃなんです。

バトロボーグもタカラトミーさんです。

カブトボーグを知っている方なら、「バトルボーグ」だとカブトボーグ関連の商品と勘違いされてしまうかもしれませんね。
しかもタカラトミーから発売されてるし・・・

このような混同を避ける意味があったのかもしれません。



『勝手な検証その2』

バト「ロボ」ーグの「ロボ」とロボットバトルと掛けあわせているのかもしれません。

ちなみに「ボーグ」は、スタートレックシリーズに登場する機械生命体の総称だったりします。
バトロボーグを自分自身の分身という感じで機械生命体と掛けあわせたのでしょうか?


あくまで勝手な想像なのですが「バトルボーグ」のほうがイメージがしやすいですね。

ネットの世界でも「バトルボーグ」でバトロボーグの動画がかなりの数UPされていますよ。

まぁ、これでいいのだ!


次の記事>>最初の記事「001-バトロボーグ20との出会い」へ


⇒「手に汗握る熱いバトル!(夏場は注意)」バトロボーグの最新価格はこちらをクリック

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

020-バトロボーグにスペシャルなコントローラー登場

続々とラインナップが増えている「バトロボーグ」シリーズですが、魅力的なコントローラーが発売されました。

その名も『バトロボーグ4G スーパーコマンドコントローラー』です。

【4G】と付いていますが、バトロボーグ20でも使用できます。
(ただし、バトロボーグ20では『ディフェンス』の発動が出来ません。詳しくは後述へ)



バトロボーグ4G スーパーコマンドコントローラー


やっと、バトロボーグのロボ本体ではなくコントローラーも出てきましたね。

以前、このブログ内でも記述しているのですが(詳しくは「018-タカラトミーさんに一言」へ)、コントローラーとバトロボーグロボ本体を分けて販売していただければ、よりリーズナブルにいろいろなタイプを体験できると思うのです。

今はまだ、ロボ本体を購入するともれなくコントローラーが付属してくるので、ロボの数に比例してコントローラーも増えてゆくという事になってしまいます。

ロボはそれぞれ特徴があるので、増えるのは楽しいのですが、全く同じコントローラーが増えてもねぇ〜・・・


愚痴が長くなってしまいましたが、とにかく新たな機能を持ったコントローラーが発売されたのは嬉しい限りです。

この『バトロボーグ4G スーパーコマンドコントローラー』は、通常のコントローラーと何が違うのか?

特長その1:コントローラーを振ってコマンドを入力することで、必殺コンボが発動できる。

コントローラーを重ねて合わせコマンドスイッチON!
6つのコマンドをコントローラーを振る事で入力。
成功したらいつでもコンボ技を繰り出す事ができる。



特長その2:コントローラーの左右を合わせて決められた回数振ることでライフ回復や無敵になったりする「ディフェンス」が発動できる。

コントローラーを重ね合わせたまま両振りするとライフ回復、無敵などができてしまう!
「回復」はコントローラーを合わせたまま、10回振るとランクひとつダメージが回復する。

しかし!この機能はバトロボーグ4Gのみでバトロボーグ20ではできません。非常に残念です!!



「コントローラーを重ねる」と説明していますが、実際には、重ねると言うよりは左右のコントローラー側面にある凸凹部分のスイッチを合わせると、コマンド入力が可能になります。
Controler.jpg


かなり遊べる機能が付いていますが、この「バトロボーグ4G スーパーコマンドコントローラー」を持っている同士での対戦でないとチョット反則気味ですね。

通常のコントローラーとでは差が出すぎてしまいます。
その人それぞれの戦闘タイプにもよる思いますが、ノックダウンやリングアウトが結構多いので「回復」機能はそんなに重要ではないと思います。

しかし!「必殺コンボ」攻撃は強力です。
相手に反撃の隙が全くありません!
(まぁ、一旦コンボが発動すると止まらないので、その勢いでリングアウトもあるのですが・・・)


「バトロボーグ4G スーパーコマンドコントローラー」を持っている同士ならば激しいバトルが楽しめますね!



さて、次は問題のヘキサリングを何とかして欲しいです。

私はリングを自作したので(詳しくは「010-バトロボーグ20リング最終形態」へ)それで楽しんでいますが、いつまでも紙製のピザの箱では手に汗握れないですよ!

どうですかねタカラトミーさん!



次の記事>>「021-なぜバトルボーグではなくバトロボーグなのか」へ


⇒「手に汗握る熱いバトル!(夏場は注意)」バトロボーグの最新価格はこちらをクリック

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

019-バトロボーグ4Gに新たな仲間が!

バトロボーグ4Gが発売されて久しく経ちますが、バトロボーグ4Gに新たな仲間が加わりました。

その名も「マンティスナイト」

マンティスナイト.jpg



マンティス=カマキリ

ナイト=騎士

つまりコレって「蟷螂(とうろう)拳」ですな!

蟷螂拳.jpg

「蟷螂拳 by ジャッキーさま」


タカラトミーの公式サイトの説明によると
「唯一上から振り下ろすの強力パンチで相手に攻撃するすきを与えない!」
とありますが、パンチというよりはやはり蟷螂拳なんですよね…。

しかもこの形って、相手に懐に入られたらメッタ打ち喰らうほどのノーガード状態…

多分、タカラトミーさんもそこら辺は承知の上らしく、足廻りが他のロボに比べてかなりゴツいですよね。

懐に入られてもノックダウンはされにくい足をしています。


でも上からの振り下ろす攻撃では、リーチは短いし遅いし…う〜んどうなんだろう…。

まぁ、話のネタに使ってみるのも一興かもしれませんね!


これで「拳法」の使い手が出てきたので、ますます異種格闘技の様相を呈してきました。


次は「投げ技」か「キック」かどんなタイプが現れるか楽しみです。


次の記事>>「020-バトロボーグにスペシャルなコントローラー登場」


⇒「手に汗握る熱いバトル!(夏場は注意)」バトロボーグの最新価格はこちらをクリック

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

018-タカラトミーさんに一言

バトロボーグに新しく「4G」が加わったことにより、選べるラインナップが増えました。

いままでより、戦い方・楽しみ方の幅がかなり広がりました。


そこで!!タカラトミーさんに一言提案があります。
(まぁ、ここで言うのもなんですが、小心者なので直接言えないからここに書きます


それは

バトロボーグのコントローラーとロボット本体を別売りにしてほしい

ということなのです。


今回、4Gが加わったことにより、楽しみがUPしました。

そして、販売価格もUPしました。


新規ユーザーさんには、セット販売がいいのかもしれませんが、バトロボーグ20からのファンがいることも考慮に入れて欲しいのです。


バトロボーグには「ペアリング機能」が付いています。

つまりセット購入時のコントローラーとロボットの組み合わせでなくでも使えるのです。

以前からのユーザーにとっては、ロボットだけ欲しいのです。


さすれば、ロボットだけの価格で済むのです。

逆に、同じコントローラーは何個もいらないのです。


別売りにして価格を抑えることによって、ロボットを複数購入するという意識が働くのではないのでしょうか?


特にバトロボーグ4Gの場合は、バトロボーグ20が色が違うだけであったのとは違い、ロボットにそれぞれ
戦い方の特長があるので「出来れば全部購入して試してみたい」と思わせてくれるのです。

でも、要らないコントローラーが付いて価格も高いセット販売では二の足を踏んでしまうのです。


ロボットだけでなく、コントローラーも色違いやデザイン違いなどをラインナップして、コントローラーとロボットを別々に販売すれば、選ぶ楽しさも増えるのではないでしょうか?


もう一つ、このセット販売に関して言わせてもらうと…。

我が家にはバトロボーグ20が3体あります。

遊ぶのは私と息子の二人だけです。


通常ならば2体で間に合うのですが、1体は使い始めてからわずか2ヶ月で壊れたのです。

「バトル」をするのですからある程度は振動などで壊れやすいとは思いますが、戦うことを前提とした商品なのだから「しっかりと耐久性のある作り」をして欲しいと思います。


3体目を買う時にも思ったのですが、「コントローラーは壊れていないのだから、ロボットだけで売ってくれればいいのに…」と思いました。


単体購入は、セット販売とは違って少しだけ割高になるのでしょうけれど、

ロボットとコントローラーを別売りにして購入者に選ぶ楽しみが増えると共に容易に、複数体所有するチャンスを頂けないでしょうかね?


どうでしょうか?タカラトミーさん!


次の記事>>次の記事「019-バトロボーグ4Gに新たな仲間が!」へ


⇒「手に汗握る熱いバトル!(夏場は注意)」バトロボーグの最新価格はこちらをクリック

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

017-その名も「バトロボーグ4G」

ついに出ましたね。
バトロボーグ20のお友達と言うか、後継機が。

その名も「バトロボーグ4G(『フォージー』と読みます)」


今回タカラトミーさんから発売されたのは3機種。

それぞれの特長はというと…


【アッパーチャンプ(UPPER CHAMP)】:近距離型

アッパーチャンプ.jpg


その名の通り、近距離からアッパーを繰り出してノックダウンを狙う戦い方です。

左パンチ:下方から上に向かっての必殺アッパー!
右パンチ:通常のストレートパンチ

”リングにかけろ”で言うところの河合武士のジェットアッパーのノリです。
(例えがちょっと古すぎますね…)


【プッシュバロン(PUSH BARON)】:中距離型

プッシュバロン.jpg


「張り手攻撃」つまりドスコイ系です。

手は開いていて、コブシを握っていません。
ある程度の間合いをとって、張り手&張り手で土俵際まで押し出すスタイルですね。

ここまでやるのなら、大銀杏を結って、フンドシスタイルにして欲しいくらいです。

そうはいっても、バトロボーグ4Gの中で一番親しみが持てるのが、このプッシュバロンです。

左右ともに張り手&パンチ角度は同じです。



【ビートデューク(BEAT DUKE)】:長距離型

ビートデューク.jpg


長いリーチを活かした「ヒット&アウェイ」でノックアウトを狙う攻撃スタイルです。

手の型は握っていなくて、「手刀」のようなチョップの形です。

まぁ、手がかなり尖っているので、チョップと言うよりは「突きィ〜〜!」という感じです。


バトロボーグ4Gはバトロボーグ20と比べて、それぞれの戦法に特化した作りになっています。


バトロボーグ20はノーマル仕様ならば、ただ単に色が違うだけです。
オプションパーツもありますが、パンチ形状や足回りをチェンジする仕様でした。
コレはこれで楽しめるのですが、バトロボーグ4Gでは、パンチの角度がそれぞれ違います。

なので、パーツをチェンジした時には、バトロボーグ20以上に「適・不適」がはっきりすると思います。


残念なのが、バトロボーグ4Gと20ではパーツの互換性がありません。

私はバトロボーグ20のオプションパーツを全て持っているので、これがバトロボーグ4Gに使えないのはとても残念です。



総合的に判断するとバトロボーグ20が「ボクシング」なのに対して、バトロボーグ4Gは「異種格闘技戦」ですね。

見た目もバトロボーグ4Gの方が後から発売されただけあって、ごっつくてカッコいいです。

バトロボーグ20が華奢に見えてしまいます。


バトロボーグ4Gの登場によって、我が家のバトロボーグ熱も再加熱しています。

今度20と4Gを戦わせてみよう!!


次の記事>>「018-タカラトミーさんに一言」


⇒「手に汗握る熱いバトル!(夏場は注意)」バトロボーグの最新価格はこちらをクリック

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の5件 »
Copyright © 実際にバトロボーグ20を購入した口コミ&レビューはこちら! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます